ひかげStyle ロゴ

カテゴリー:MEMO:一覧ページ1

カテゴリー:MEMO:一覧ページ1

Lenovo ThinkPad X230i Xubuntu 18.04.3 LTS クリーンインストール

2019年11月5日 MEMO 0

ThinkPad X230iへ120GBのSSD交換で、Xubuntu 18.04.3 LTSをクリーンインストールした、@ひかげです。

ThinkPad X230iは、お手ごろな中古だったので、衝動買いしました。(12800円、4GB、HDD 320GB、win10 64bit、core i3 3110M)

メインで使用しているX230(Xubuntu 18.04.3 LTS、8GB、core i5 3380M、SSD 120GB、KLEVV N600、総書込量 1172GB/1年くらい)よりも少し性能が低いです。

X230iのSSD交換もX230と同じなので、さっそくクリーンインストールをしてみました。

Lenovo ThinkPad X230i Xubuntu 18.04.3 LTS クリーンインストール

crucial BX500 CT120BX500SSD1JP(購入時 2700円)

遊び用途なので、主にHugoとXAMPPが使えるくらいの簡易な構成です。

ソフトウェア

  • Simplenote
  • FileZilla
  • Google Chrome
  • LibreOffice Base
  • Pinta
  • Converseen
  • GParted
  • Hugo

外部

  • UNetbootin
  • XAMPP(xampp-linux-x64-7.3.10-0-installer.run、約 150MB)

新規インストールの結果

事前に準備していたインストールUSB(Xubuntu 18.04.3 LTS)から約1時間30分くらい(ソフトウェア更新を含む)

117.6GB(総量)
101.1GB(空き容量)
14%使用

16.5GB(使用量)

おわりに

使用する用途がHugoとXAMPPなので、X230iでも割と快適に動作します。

X230で、同じデータをHugoでビルドした結果は、100msくらいの差でした。(X230iのほうが若干遅い)

Lenovo ThinkPad X230 SSDの換装

2019年10月29日 MEMO 0

X230のSSD換装をした、@ひかげです。

Lenovo ThinkPad X230は、プラスの精密ドライバー1本で、SSDの換装・メモリ増設が簡単にできるのでLinuxで遊ぶにも手頃なノートパソコンです。

X230のマウンター

純正のHDDマウンター(黒のゴムレール)に、今回のSSD(7mm厚)だと、うまく装着ができませんでした。

赤いゴムレールだとスムーズかもしれません。

X230 SSDの換装は、SSDの外付けケースと似た構造なので、スキマを埋めて固定できる感じで装着することにしました。

X230でマウンターのないSSDの工作

まずは、取り出しが困難になるので、引き出し用の工作をします。(いわゆるベロを取り付け)

熱に弱い素材のテープは要注意です。

Lenovo ThinkPad X230 SSDの換装1

その後、SSDを仮装着すると分かりますがマウンターのない状態だと、かなりスキマ・空間があります。

SSDにスペーサーのような工作をして、固定できるようにします。

Lenovo ThinkPad X230 SSDの換装2

見えない場所になるので、気にしないことにします。

おわりに

x240以降のモデルは、SSDの交換手順が複雑になったようです。

x230だと2つのSSDをWin10とLinux分けて、状況や気分でカンタンに差し替えて交換もできます。

x230は、xubuntu 18.04.3 LTSをメインで使っていますが快適です。(メモリ4GBでも)

Adobe Compを使ってみた 2019-10-21

2019年10月21日 MEMO 0

iPadでWEBツールを探していたときに、Adobe Comp見つけた@ひかげです。

Adobe Compをダウンロード

iPad(Air2、iOS 12.4.1)なので、App Storeから検索。

似たようなワイヤーフレームを作るアプリはいくつかありますが、アドビブランドだったので、早速ダウンロード。(およそ 153MB)

そのまま、すぐに使えると思っていたところ、登録が必要みたいだったのでメールアドレスから登録。

Adobe Compを使ってみた

Adobe Compの事前調査で使い方をイメージしていたので、さっそく使ってみました。

Adobe Compを使ってみた 2019-10-21 画像1

デザインカンプは、定番の2カラムで試してみる。

Adobe Compを使ってみた 2019-10-21 画像2

初めてだったので、10分くらいで完成。

おわりに

Adobe Compは使い方も簡単で、仕上がりに近いレイアウトをサクサク作れるので、面白いアプリだなと感じました。

ひかげの使うWEBのレイアウトパターンは決まっているので、Adobe Compの出番は少ないはず。

連休があったので、個人的なサイトをつくっておきました。

2019年8月度 ひかげ的 X230のXubuntuで使っているソフト

2019年8月22日 MEMO 0

2019年8月度 ひかげ的 X230のXubuntuで使っているソフト 画像1

ここ1年以上は、ThinkPad X230でXubuntu(18.04 LTS系)を使っている@ひかげです。

外付けのSSDでも、Linux環境を起動できるようにしたので、備忘録です。

Ubuntu系で使っているソフト

標準でインストールされているソフト・アプリも含む。

アクセサリ系

  • ATOM
  • Leafpad
  • Simplenote

インターネット系

  • Corebird
  • Dropbox
  • FileZilla
  • Firefox
  • Google Chrome
  • QuiteRSS
  • Thunderbird

オフィス系

  • LibreOffice
  • LibreOffice Base
  • LibreOffice Calc
  • LibreOffice Draw
  • LibreOffice Impress
  • LibreOffice Writer

グラフィックス系

  • Converseen
  • Pinta

システム系

  • GParted
  • UNetbootin(外部)

その他

  • Hugo
  • XAMPP(外部)
  • Thunar -B(リネーム用、プロパティ、ランチャー、コマンド)
  • GIMP(候補、v2.10.12、229.7MB)
  • Inkscape(候補、v0.92.4、183.2MB)

おわりに

iPadやスマホが高性能になっているので、パソコンだと使用するソフトも絞った専用機になってきました。

Windowsでは音楽系、MacBook・MacBook Airだとグラフィック系(画像加工)で活用していましたが、パソコンの使い方もシンプルになりました。

Linux(xubuntu)は軽くて速いので、基本的にはテキストエディタ(Mousepad)が大活躍しています。

いまさらながら、CSS3のbox-sizing:border-box;

2019年4月7日 MEMO 0

ボックスサイズの算出方法を指定するbox-sizingをCSSで使っている、@ひかげです。

IE8以上から対応するので、いまさら感なのですが、おまじない的な位置づけで記述してみました。

CSS3 box-sizing 記述内容

ひかげすたいるで使っている記述

*,*:before,*:after{
-webkit-box-sizing: border-box;
-moz-box-sizing: border-box;
-o-box-sizing: border-box;
-ms-box-sizing: border-box;
box-sizing: border-box;
}

おわりに

ホームページのデザインはCSSリセットを基本としていますが、HTMLやCSSも進化しているので、box-sizingも含めて使いやすい自分流のセッティングを持っておくと便利ですね。

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修(簡易修理)その3

2018年9月20日 MEMO 0

Lenovo ThinkPad X230(12.5型、Core i5)」を譲ってもらい、第3弾としてゴム足の欠損を修理・補修を試みている、@ひかげです。

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修について

ホームセンターで購入できるゴム板のシートが、思っていたよりも安価でした。

第3弾は、ゴムシートでThinkPad X230 ゴム足の補修をしてみます。

ThinkPad X230 ゴム足の簡易補修で準備したもの

補修用にゴム足の材料は、ホームセンターを利用しました。

今回は、3mm厚と5mm厚の2種類を購入しています。

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修(簡易修理)その3 画像1

  • NRゴムシート GS-09(3mm厚)
  • NRゴムシート GS-13(5mm厚)
  • カッター
  • ものさし
  • ハサミ
  • 両面テープ(強力タイプ)

ゴムシートは、税込 180円で購入。(80円、100円)

両面テープ、カッター、ものさし、ハサミは、ダイソーで以前に買っていたもの。(4点 432円)

ThinkPad X230 ゴム足の簡易補修が完了

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修(簡易修理)その3 画像2

ゴム足の取り付け場所には、出っ張りがあるので、うまく接着できるような大きさにカットする。(今回は9mm幅で12mmの長さ)

カッターを使って、何回か切り込みを繰り返しました。

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修(簡易修理)その3 画像3

3mm厚なので、ハサミでもカットできます。

カットしたゴムシートと両面テープで、欠損しているX230 バッテリーのゴム足を補修します。

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修(簡易修理)その3 画像4

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修(簡易修理)その3 画像5

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修(簡易修理)その3 画像6

おわりに

今回はゴムシートで「ThinkPad X230 ゴム足の簡易補修」をしました。

ゴムシートの厚さの分だけ背面が少し高くなりますが、ゴム素材は安定感がバツグンで許容です。(滑りにくい)

自作で見た目は良くないのですが、裏側の見えない部分なので、ハッピーエンドにします。

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修(簡易修理)その2

2018年9月18日 MEMO 0

Lenovo ThinkPad X230(12.5型、Core i5)」を譲ってもらい、ゴム足欠損の修理・補修を試みている、@ひかげです。

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修について

前回は、粘着スポンジシートで補修をしたものの、素材が少し柔らかかったので、第2弾はフェルトテープでThinkPad X230 ゴム足の補修をしてみました。

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修(簡易修理)その2 画像1

ThinkPad X230 ゴム足の簡易補修で準備したもの

補修用にゴム足の材料は、100円ショップでおなじみのダイソーを利用しました。

  • キズ防止フェルトテープ
  • ハサミ

フェルトテープは、108円で購入。

ThinkPad X230 ゴム足の簡易補修が完了

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修(簡易修理)その2 画像2

厚み:2mmくらいなので、高さと感触は良いと思います。

ハサミでカットすればカンタンに応急的な補修はできます。

X230を置く場所にもよりますが、摩擦の少ないテーブルや机で使用すると、フェルト素材なのでタイピングのときに滑っていく感じになります。

ちなみに、純正品のゴム足を取り寄せしたのですが「バッテリー用のゴム足と記載」があったにもかかわらず、液晶下の5mm厚のゴム足だったので、バッテリー用のゴム足とサイズが違うため装着できませんでした。(パームレスト下のゴム足はサイズが一致したので取り付けしています)

おわりに

今回は、ThinkPad X230 ゴム足の簡易補修を試みましたが、フェルトテープだと滑ってしまうので、硬めの滑らない素材が必要だと学びました。

第3弾は、別の素材で補修してみます。

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修(簡易修理)その1

2018年9月17日 MEMO 0

ひょんなことから、人気の高い「Lenovo ThinkPad X230(12.5型、Core i5)」を譲ってもらった、@ひかげです。

第3世代のインテルCPU Core i5 を搭載しているので、文書作成・WEB閲覧・簡易な画像編集などの軽度な作業であれば、快適な動作のノートパソコンです。(USB 3.0も標準搭載)

最近のSSD(7mm厚)に交換すると、更に快適でサクサクです。

X230は、プラスドライバー1本で「SSD交換(HDD側)とメモリの増設・交換」ができるので、カンタンに自分でカスタマイズしやすく、サブとしても使いやすいと思います。

ThinkPad X230は、企業向けに広く普及したモデルで、リースアップの時期を迎えているため、中古でも多く出回っています。

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修について

ビジネスで使われる中古のパソコンでは、ゴム足が欠損していることも多くあります。

譲り受けたX230も、4ヶ所のゴム足が欠損していました。

Lenovo X230 ゴム足の補修(簡易修理)その1 画像1

純正品のゴム足は、2000から3000円ほどで入手できます。(人気のあるモデルはパーツの入手も容易です)

今回は個人用途で使うため、見えにくい場所のゴム足なので、簡易な補修をすることにします。

ThinkPad X230 ゴム足の簡易補修で準備したもの

補修用にゴム足の材料は、入手しやすいホームセンターを利用しました。

  • 粘着 PE スポンジシート PEN-01(5mm x 30mm x 300mm)
  • ハサミ

Lenovo X230 ゴム足の補修(簡易修理)その1 画像2

スポンジシートはホームセンターで、110円で購入。

ThinkPad X230 ゴム足の簡易補修が完了

Lenovo X230 ゴム足の補修(簡易修理)その1 画像3

スポンジシートは少し柔らかいので、キーボードの入力(タイピング)のときは、やや不安定でした。

5mm厚なので、元の状態から少し高くなります。

入力の際にパームレストに手を置くと軽く沈むので、気になるところでもあります。

おわりに

今回は、ThinkPad X230 ゴム足の簡易補修を試みましたが、スポンジシートが思っていたよりも柔らかいので、応急処置の位置づけになりました。

次回は、別の素材で補修してみます。

EC1400-41R へ Xubuntu 18.04 LTS をインストール

2018年7月22日 MEMO 0

久しぶりにUbuntuをインストールしてみた、@ひかげです。

ノートパソコンのスペックも低いので、軽量Linuxを候補に「Xubuntu 18.04 LTS」をチョイスしました。

8年前のGateway EC1400をSSDに換装して、クリーンインストールです。

Gateway EC1400-41Rデビューの巻

EC1400は、メモリの増設(Max 8GBまで可能らしい)・SSD換装もカンタンで、CPUも64bit対応につき「Xubuntu 18.04 LTS」をインストールすれば、そのまま無線LAN・Bluetoothも即使用できました。

EC1400-41R Xubuntu 18.04 LTS インストール後

EC1400-41R Xubuntu 18.04 LTS インストール後

インストール後は、日本語の設定・時刻表示を少しカスタマイズして、「Pinta」「Midori」などの軽量なアプリを導入。

使用目的は、メール・ブラウジング・ちょっとした表計算・ブログ投稿なので、割とサクサクした動きです。

おわりに

特にパソコンの買い替え予定はなく、Windows 7 のサポート終了は「2020年1月14日」なので、手持ちのパソコンでLinuxの導入実験をしてみました。

ps.EC1400-41R Xubuntu 18.04 LTSから投稿

WordPress 4.9.1 ディスカッションの初期設定

2018年1月11日 MEMO 0

自作テーマで「comments.php」の様々な表示確認をしていたときにディスカッションの初期設定をすぐに忘れてしまう、@ひかげです。

WordPressの自作テーマを作成するときに、ディスカッションの設定を変更した場合に忘れるので、覚書メモ。

WordPress 4.9.1 ディスカッションの初期設定(画像)

WordPress 4.9.1 インストール後の「設定」「ディスカッション」のデフォルト。

WordPress 4.9.1 ディスカッション 初期設定 画像1

WordPress 4.9.1 ディスカッション 初期設定 画像2

WordPress 4.9.1 ディスカッション 初期設定 画像3

WordPress 4.9.1 ディスカッション 初期設定 画像4

おわりに

WordPressのコメントに関するディスカッションの設定は、「入れ子」と「分割」の設定で表示方法が変わるため、初期設定をメモしておきます。

@ひかげ

WordPressカスタマイズ向け自作テーマ kunai

ひかげ WP自作テーマ1

ひかげStyle