ひかげStyle ロゴ

トラックボール TM-150 マイクロスイッチ交換

トラックボール TM-150 マイクロスイッチ交換

2012年2月19日 ひかげ MEMO 4

Logicoolで、シンメトリートラックボールの定番、トラックボール TM-150の左クリックがチャタリング症状になり、マイクロスイッチを交換した、ひかげです。

チャタリングというのは、1回のクリックで、ダブルクリック以上のクリックをしてしまう状態になります。

マウスでドラッグしたいときに、途中で解除されてしまうのでイライラが発生します。

今回は、左クリック部分のマイクロスイッチだけを1ヶ所交換してみました。

トラックボール TM-150 マイクロスイッチ交換

パーツの通販で、クリック感が軽いほうの「オムロン D2F-01F」のマイクロスイッチを購入。(4点で送料込み、約1000円)

TM-150のマイクロスイッチは、「D2FC-F-7N」という型番ですが同じものが見つかりませんでした。

マウスの分解で、5ヵ所のネジを外すとすぐに基板が見えるので、不良のマイクロスイッチを交換します。

オムロン D2F-01Fに交換完了

無事に新しいマイクロスイッチ交換が終わり、快適なクリック動作をしています。

トラックボールの製品自体は3年保証ですが、マイクロスイッチのチャタリング現象は使用頻度にもよりますが、ほかの同様な症状の情報を見てみると、1年ほどで発生しているみたいです。

オムロン D2F-01F パーツ購入先URL

→ (外部 別窓) オムロン D2F-01F マイクロスイッチ

“トラックボール TM-150 マイクロスイッチ交換” への4件のフィードバック

  1. 嬉子 より:

    Logitechのマウスってここ数年、半年くらい使っていると、マウスのボタンがおかしくなってしまいます。
    いわゆるチャタリングってやつです。
    安いモノでも高いモノでも同じようにチャタリングを起こしてしまうのが困りものです。
    先週あたりから、m950マウスがチャタリングを起こし始めて・・・
    ドラッグとかがうまくいかないようになってしまいました。
    安いマウスなら買い換えれば済むのだけど、m950は安くも無い ;;
    かといって、他社のマウスはフィーリングが合わないし ;;
    困ったモノです ^^;

  2. ひかげ より:

    嬉子サン

    スパムに埋もれていて、コメントに気付くのが遅れて申しわけありません。

    コメントありがとうございます。

    チャタリングは、マイクロスイッチを交換できるマウスだと、買い換えよりもコストが抑えられるので良いですね。

    「オムロン D2F-01F」のマイクロスイッチで修理してみては?

  3. 名無しさん より:

    こんばんわ。
    チャタリングですが私も1年ほどで丁度皆様と同じ症状がおきていらいらします。
    他社のSonyタイマーとかと同じなんじゃないかと勘ぐりたくなるほどみなさん半年から1年でおきてらっしゃる。
    現在はChattering Cancelerというのを使ってごまかしごまかしつかっていますが、常駐させると心なしか重くてそろそろ他社含めて乗り換えも考えてます。
    といってもシンメトリーじゃないと都合が悪いので選択肢なんて無いに等しいんですがOrz.

    それとチャタリングも保証期間内だったら無償交換の対象だったような。
    自分で修理する技術までないので
    交換依頼すればイイだけなのですがそれすら億劫になってしまう。

  4. ひかげ より:

    名無しさん

    コメントありがとうございます。

    確かに保証が有効で、
    予備のマウスも持っていますが、
    すぐに使いたいので
    ひかげの場合は、修理したほうが早かったです。

    保証対応で交換品の到着までの時間を考えると、
    もどかしくなるのです。

    ハンダ付けうまいの友人を見つけておくと
    融通が利くかもしれませんね。(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

@ひかげ

ひかげStyle