ひかげStyle ロゴ

ワードプレスでおかしなブログの傾向

ワードプレスでおかしなブログの傾向

2008年10月16日 ひかげ MEMO 2

日本でもワードプレスの認知度が高まるにつれて利用者も増えてきたようです。

それにともない、WordPressの初心者などとうたいながら、さりげなく迷惑なコメントやトラックバックでアクセスやリンクを増やそうとするスパム的要素が強く、目的がミエミエのおかしなブログも増えているようです。

そんなブログの行く末は、おそらく3ヶ月以内に更新も止まって挫折してしまうパターンです。

これがひかげ的おかしなブログだ!と感じることをちょっと書いてみます。

ワードプレスでおかしなブログの傾向

  1. いかにも作りたてで、まったく興味を引くような中身のないブログ
  2. 運営者の簡単なプロフィールなどがないブログ
  3. 運営者への連絡先(メアドなど)や問い合わせの手段や方法がわからないブログ
  4. 投稿記事内容のテキスト割合が90%以上を占めているブログ
  5. 記事のタイトルが「ワードプレス テンプレート」「ワードプレス 無料」など、いかにもモロな検索キーワードのブログ
  6. 記事の中身が、まんまコピペのブログ
  7. 自分で書いた記事の割合が、非常に少ないブログ
  8. 自分で書いた記事だが、なぜか最後は他人頼みなブログ
  9. やたらアドセンスなどの広告が目立つ場所にありすぎて、「クリックせよ」が目に余り、それが暗黙の了解的なブログ
  10. たまに画像だと思ったら、アマゾンのアフィリエイトなブログ
  11. コメントなどには「初心者です」とか書いているくせに、実際にのぞいたサイトは、どう考えても初心者らしからぬ仕掛けがちりばめられているブログ

上記以外にも該当する傾向は多々あります。

特に、3番目の連絡先がわからないブログの99%は、個人的におかしなブログとして認識しています。

おかしなブログの運営者へ

「石の上にも3年」ということわざもあるので、毎日無駄と思われる時間と労力で記事を継続して増やしながら3年以上運営していれば、個人的にひかげは認めます。

一応、コメントやトラックバックは承認待ちコメントの扱いにしています。

個人的に認めるだけなので、世間の評価は一切関知しません。

3年以上運営してひかげが認めたとき、そんなアナタのブログをこのブログで1回だけ紹介します。

ワードプレス界の江頭になれるかどうかを試されています。

一般の感覚では、おかしなブログを喜んでリンクしたり、称賛に値するような紹介の記事を書くことは99.9%ないでしょうし、逆の立場で同じようなことをされたら自ら進んでリンクしたり、絶賛の記事を書いたりできますか?

まだまだ頑張れるなら、せめて連絡先(メアドなど)かお問い合わせの手段や方法は公開したほうが良いと思いますよw

“ワードプレスでおかしなブログの傾向” への2件のフィードバック

  1. カスケード より:

    スタイルシートって編集する方法はどうすれば良いのでしょうか?
    どうしても更新のボタンがありません。
    ファイルの属性を変更するのでしょうか?
    もし分かるようでしたら教えて下さい。

    feedran.sacro.jp/

  2. ひかげ より:

    → カスケードさん

    わざわざコメント投稿ありがとうございます。

    ご質問をする際のマナーがあまりにもガッカリなので、お答えする気が0どころかマイナスです。

    ロリポ系で複数のドメインを利用するだけのお金があるようなので、本を買ってみたり、もっと調べてみてくださいね。

    名前を変えているようですが、モロにこの記事内容のサイトを運営されているようなので3年以上頑張ってみてください。

    3年後以上に再度お越しくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

@ひかげ

ひかげStyle