ひかげStyle ロゴ

IE8対策 X-UA-Compatibleの記述場所

IE8対策 X-UA-Compatibleの記述場所

2009年4月15日 ひかげ MEMO 0

IE8ブラウザのCSS対策で X-UA-Compatible を記述する場所が <head> から </head> までなら大丈夫と思っていたひかげです。

ひかげ環境で </head> の直前に <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=EmulateIE7" /> を記述してみたのですが、どうやら失敗をしでかしていたようなのです。

あらためて <head> 付近に記述をすると見事に反映されました。

X-UA-Compatibleの記述について

<head> から </head> までで、<head> 付近に記述をすると「吉」のようです。

IE8対策のmetaパターンは、3種類あるようです。

X-UA-Compatible コピペ用

xhtml向けの記述で、自分メモのコピペ用。

<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=EmulateIE7" />

<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=7" />

<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=8" />

コピペ用の記述は、HTMLのバリデートも確認済みで大丈夫でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

@ひかげ

ひかげStyle