ひかげStyle ロゴ

WordPressのプラグインでwp-simplecodeを導入

WordPressのプラグインでwp-simplecodeを導入

2007年3月27日 ひかげ WordPress 0

記事の投稿において、実体参照の入力に便利そうなwp-simplecodeを導入しました。

WordPressのプラグインの選定に悩みぬいた末の導入です。

過去のコードの実体参照は全て手動入力していたので、投稿に少し時間が必要であり、今回WordPressのプラグインでwp-simplecodeを試用の結果、導入してみました。

WordPressのプラグインでwp-simplecodeに関する詳細は以下の通り

wp-simplecodeの入手先(海外サイト/英文)
village-idiot.org — wp-simplecode
wp-simplecodeの作者のサイト
village-idiot.org
wp-simplecodeの作者
whooさん

wp-simplecodeを導入について

導入には、十分検討してください。

サーバー環境は、ひかげstyleの紹介に記載しています。

  1. wp-simplecodeは、2.0x系と2.1x系があるようです。
  2. 適用した環境は、WordPress ME2.1.2(UTF-8)です。
  3. Download Simplecode for WordPress 2.1.x (2xx Hits!)を適用しています。

wp-simplecodeを導入手順

プラグインを利用する際のいつもの手順で導入できました。

  1. 上記のサイトから、該当するファイルをダウンロード
  2. ダウンロードしたファイルを解凍してwp-simplecode.phpを/wp-content/pluginsへアップロード
  3. 管理画面のプラグインのメニューでSimpleCode for WordPressを有効化
  4. 投稿のタブメニューでSimpleCodeが表示されていれば導入完了

投稿の際には有効となりますが、編集の場合は表示されないようです。

ひかげは編集の場合に別のウィンドウで SimpleCode を表示させて修正などで利用しています。

今のところ、ひかげstyleでは不具合はないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

@ひかげ

ひかげStyle