ひかげStyle ロゴ

月別: 2018年9月 アーカイプページ1

月別: 2018年9月 アーカイブ一覧1

投稿:3件

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修(簡易修理)その3

2018年9月20日 MEMO 0

Lenovo ThinkPad X230(12.5型、Core i5)」を譲ってもらい、第3弾としてゴム足の欠損を修理・補修を試みている、@ひかげです。

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修について

ホームセンターで購入できるゴム板のシートが、思っていたよりも安価でした。

第3弾は、ゴムシートでThinkPad X230 ゴム足の補修をしてみます。

ThinkPad X230 ゴム足の簡易補修で準備したもの

補修用にゴム足の材料は、ホームセンターを利用しました。

今回は、3mm厚と5mm厚の2種類を購入しています。

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修(簡易修理)その3 画像1

  • NRゴムシート GS-09(3mm厚)
  • NRゴムシート GS-13(5mm厚)
  • カッター
  • ものさし
  • ハサミ
  • 両面テープ(強力タイプ)

ゴムシートは、税込 180円で購入。(80円、100円)

両面テープ、カッター、ものさし、ハサミは、ダイソーで以前に買っていたもの。(4点 432円)

ThinkPad X230 ゴム足の簡易補修が完了

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修(簡易修理)その3 画像2

ゴム足の取り付け場所には、出っ張りがあるので、うまく接着できるような大きさにカットする。(今回は9mm幅で12mmの長さ)

カッターを使って、何回か切り込みを繰り返しました。

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修(簡易修理)その3 画像3

3mm厚なので、ハサミでもカットできます。

カットしたゴムシートと両面テープで、欠損しているX230 バッテリーのゴム足を補修します。

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修(簡易修理)その3 画像4

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修(簡易修理)その3 画像5

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修(簡易修理)その3 画像6

おわりに

今回はゴムシートで「ThinkPad X230 ゴム足の簡易補修」をしました。

ゴムシートの厚さの分だけ背面が少し高くなりますが、ゴム素材は安定感がバツグンで許容です。(滑りにくい)

自作で見た目は良くないのですが、裏側の見えない部分なので、ハッピーエンドにします。

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修(簡易修理)その2

2018年9月18日 MEMO 0

Lenovo ThinkPad X230(12.5型、Core i5)」を譲ってもらい、ゴム足欠損の修理・補修を試みている、@ひかげです。

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修について

前回は、粘着スポンジシートで補修をしたものの、素材が少し柔らかかったので、第2弾はフェルトテープでThinkPad X230 ゴム足の補修をしてみました。

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修(簡易修理)その2 画像1

ThinkPad X230 ゴム足の簡易補修で準備したもの

補修用にゴム足の材料は、100円ショップでおなじみのダイソーを利用しました。

  • キズ防止フェルトテープ
  • ハサミ

フェルトテープは、108円で購入。

ThinkPad X230 ゴム足の簡易補修が完了

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修(簡易修理)その2 画像2

厚み:2mmくらいなので、高さと感触は良いと思います。

ハサミでカットすればカンタンに応急的な補修はできます。

X230を置く場所にもよりますが、摩擦の少ないテーブルや机で使用すると、フェルト素材なのでタイピングのときに滑っていく感じになります。

ちなみに、純正品のゴム足を取り寄せしたのですが「バッテリー用のゴム足と記載」があったにもかかわらず、液晶下の5mm厚のゴム足だったので、バッテリー用のゴム足とサイズが違うため装着できませんでした。(パームレスト下のゴム足はサイズが一致したので取り付けしています)

おわりに

今回は、ThinkPad X230 ゴム足の簡易補修を試みましたが、フェルトテープだと滑ってしまうので、硬めの滑らない素材が必要だと学びました。

第3弾は、別の素材で補修してみます。

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修(簡易修理)その1

2018年9月17日 MEMO 0

ひょんなことから、人気の高い「Lenovo ThinkPad X230(12.5型、Core i5)」を譲ってもらった、@ひかげです。

第3世代のインテルCPU Core i5 を搭載しているので、文書作成・WEB閲覧・簡易な画像編集などの軽度な作業であれば、快適な動作のノートパソコンです。(USB 3.0も標準搭載)

最近のSSD(7mm厚)に交換すると、更に快適でサクサクです。

X230は、プラスドライバー1本で「SSD交換(HDD側)とメモリの増設・交換」ができるので、カンタンに自分でカスタマイズしやすく、サブとしても使いやすいと思います。

ThinkPad X230は、企業向けに広く普及したモデルで、リースアップの時期を迎えているため、中古でも多く出回っています。

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修について

ビジネスで使われる中古のパソコンでは、ゴム足が欠損していることも多くあります。

譲り受けたX230も、4ヶ所のゴム足が欠損していました。

Lenovo X230 ゴム足の補修(簡易修理)その1 画像1

純正品のゴム足は、2000から3000円ほどで入手できます。(人気のあるモデルはパーツの入手も容易です)

今回は個人用途で使うため、見えにくい場所のゴム足なので、簡易な補修をすることにします。

ThinkPad X230 ゴム足の簡易補修で準備したもの

補修用にゴム足の材料は、入手しやすいホームセンターを利用しました。

  • 粘着 PE スポンジシート PEN-01(5mm x 30mm x 300mm)
  • ハサミ

Lenovo X230 ゴム足の補修(簡易修理)その1 画像2

スポンジシートはホームセンターで、110円で購入。

ThinkPad X230 ゴム足の簡易補修が完了

Lenovo X230 ゴム足の補修(簡易修理)その1 画像3

スポンジシートは少し柔らかいので、キーボードの入力(タイピング)のときは、やや不安定でした。

5mm厚なので、元の状態から少し高くなります。

入力の際にパームレストに手を置くと軽く沈むので、気になるところでもあります。

おわりに

今回は、ThinkPad X230 ゴム足の簡易補修を試みましたが、スポンジシートが思っていたよりも柔らかいので、応急処置の位置づけになりました。

次回は、別の素材で補修してみます。

@ひかげ

WordPressカスタマイズ向け自作テーマ kunai

ひかげの自作テーマ1

ひかげStyle