ひかげStyle ロゴ

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修(簡易修理)その1

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修(簡易修理)その1

2018年9月17日 ひかげ MEMO 0

ひょんなことから、人気の高い「Lenovo ThinkPad X230(12.5型、Core i5)」を譲ってもらった、@ひかげです。

第3世代のインテルCPU Core i5 を搭載しているので、文書作成・WEB閲覧・簡易な画像編集などの軽度な作業であれば、快適な動作のノートパソコンです。(USB 3.0も標準搭載)

最近のSSD(7mm厚)に交換すると、更に快適でサクサクです。

X230は、プラスドライバー1本で「SSD交換(HDD側)とメモリの増設・交換」ができるので、カンタンに自分でカスタマイズしやすく、サブとしても使いやすいと思います。

ThinkPad X230は、企業向けに広く普及したモデルで、リースアップの時期を迎えているため、中古でも多く出回っています。

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修について

ビジネスで使われる中古のパソコンでは、ゴム足が欠損していることも多くあります。

譲り受けたX230も、4ヶ所のゴム足が欠損していました。

Lenovo X230 ゴム足の補修(簡易修理)その1 画像1

純正品のゴム足は、2000から3000円ほどで入手できます。(人気のあるモデルはパーツの入手も容易です)

今回は個人用途で使うため、見えにくい場所のゴム足なので、簡易な補修をすることにします。

ThinkPad X230 ゴム足の簡易補修で準備したもの

補修用にゴム足の材料は、入手しやすいホームセンターを利用しました。

  • 粘着 PE スポンジシート PEN-01(5mm x 30mm x 300mm)
  • ハサミ

Lenovo X230 ゴム足の補修(簡易修理)その1 画像2

スポンジシートはホームセンターで、110円で購入。

ThinkPad X230 ゴム足の簡易補修が完了

Lenovo X230 ゴム足の補修(簡易修理)その1 画像3

スポンジシートは少し柔らかいので、キーボードの入力(タイピング)のときは、やや不安定でした。

5mm厚なので、元の状態から少し高くなります。

入力の際にパームレストに手を置くと軽く沈むので、気になるところでもあります。

おわりに

今回は、ThinkPad X230 ゴム足の簡易補修を試みましたが、スポンジシートが思っていたよりも柔らかいので、応急処置の位置づけになりました。

次回は、別の素材で補修してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

@ひかげ

WordPressカスタマイズ向け自作テーマ kunai

ひかげの自作テーマ1

ひかげStyle