ひかげStyle ロゴ

カテゴリー:MEMO:一覧ページ1

カテゴリー:MEMO:一覧ページ1

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修(簡易修理)その3

2018年9月20日 MEMO 0

Lenovo ThinkPad X230(12.5型、Core i5)」を譲ってもらい、第3弾としてゴム足の欠損を修理・補修を試みている、@ひかげです。

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修について

ホームセンターで購入できるゴム板のシートが、思っていたよりも安価でした。

第3弾は、ゴムシートでThinkPad X230 ゴム足の補修をしてみます。

ThinkPad X230 ゴム足の簡易補修で準備したもの

補修用にゴム足の材料は、ホームセンターを利用しました。

今回は、3mm厚と5mm厚の2種類を購入しています。

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修(簡易修理)その3 画像1

  • NRゴムシート GS-09(3mm厚)
  • NRゴムシート GS-13(5mm厚)
  • カッター
  • ものさし
  • ハサミ
  • 両面テープ(強力タイプ)

ゴムシートは、税込 180円で購入。(80円、100円)

両面テープ、カッター、ものさし、ハサミは、ダイソーで以前に買っていたもの。(4点 432円)

ThinkPad X230 ゴム足の簡易補修が完了

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修(簡易修理)その3 画像2

ゴム足の取り付け場所には、出っ張りがあるので、うまく接着できるような大きさにカットする。(今回は9mm幅で12mmの長さ)

カッターを使って、何回か切り込みを繰り返しました。

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修(簡易修理)その3 画像3

3mm厚なので、ハサミでもカットできます。

カットしたゴムシートと両面テープで、欠損しているX230 バッテリーのゴム足を補修します。

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修(簡易修理)その3 画像4

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修(簡易修理)その3 画像5

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修(簡易修理)その3 画像6

おわりに

今回はゴムシートで「ThinkPad X230 ゴム足の簡易補修」をしました。

ゴムシートの厚さの分だけ背面が少し高くなりますが、ゴム素材は安定感がバツグンで許容です。(滑りにくい)

自作で見た目は良くないのですが、裏側の見えない部分なので、ハッピーエンドにします。

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修(簡易修理)その2

2018年9月18日 MEMO 0

Lenovo ThinkPad X230(12.5型、Core i5)」を譲ってもらい、ゴム足欠損の修理・補修を試みている、@ひかげです。

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修について

前回は、粘着スポンジシートで補修をしたものの、素材が少し柔らかかったので、第2弾はフェルトテープでThinkPad X230 ゴム足の補修をしてみました。

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修(簡易修理)その2 画像1

ThinkPad X230 ゴム足の簡易補修で準備したもの

補修用にゴム足の材料は、100円ショップでおなじみのダイソーを利用しました。

  • キズ防止フェルトテープ
  • ハサミ

フェルトテープは、108円で購入。

ThinkPad X230 ゴム足の簡易補修が完了

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修(簡易修理)その2 画像2

厚み:2mmくらいなので、高さと感触は良いと思います。

ハサミでカットすればカンタンに応急的な補修はできます。

X230を置く場所にもよりますが、摩擦の少ないテーブルや机で使用すると、フェルト素材なのでタイピングのときに滑っていく感じになります。

ちなみに、純正品のゴム足を取り寄せしたのですが「バッテリー用のゴム足と記載」があったにもかかわらず、液晶下の5mm厚のゴム足だったので、バッテリー用のゴム足とサイズが違うため装着できませんでした。(パームレスト下のゴム足はサイズが一致したので取り付けしています)

おわりに

今回は、ThinkPad X230 ゴム足の簡易補修を試みましたが、フェルトテープだと滑ってしまうので、硬めの滑らない素材が必要だと学びました。

第3弾は、別の素材で補修してみます。

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修(簡易修理)その1

2018年9月17日 MEMO 0

ひょんなことから、人気の高い「Lenovo ThinkPad X230(12.5型、Core i5)」を譲ってもらった、@ひかげです。

第3世代のインテルCPU Core i5 を搭載しているので、文書作成・WEB閲覧・簡易な画像編集などの軽度な作業であれば、快適な動作のノートパソコンです。(USB 3.0も標準搭載)

最近のSSD(7mm厚)に交換すると、更に快適でサクサクです。

X230は、プラスドライバー1本で「SSD交換(HDD側)とメモリの増設・交換」ができるので、カンタンに自分でカスタマイズしやすく、サブとしても使いやすいと思います。

ThinkPad X230は、企業向けに広く普及したモデルで、リースアップの時期を迎えているため、中古でも多く出回っています。

Lenovo ThinkPad X230 ゴム足の補修について

ビジネスで使われる中古のパソコンでは、ゴム足が欠損していることも多くあります。

譲り受けたX230も、4ヶ所のゴム足が欠損していました。

Lenovo X230 ゴム足の補修(簡易修理)その1 画像1

純正品のゴム足は、2000から3000円ほどで入手できます。(人気のあるモデルはパーツの入手も容易です)

今回は、個人用途の見えにくいゴム足なので、簡易な補修をすることにします。

ThinkPad X230 ゴム足の簡易補修で準備したもの

補修用にゴム足の材料は、入手しやすいホームセンターを利用しました。

  • 粘着 PE スポンジシート PEN-01(5mm x 30mm x 300mm)
  • ハサミ

Lenovo X230 ゴム足の補修(簡易修理)その1 画像2

スポンジシートはホームセンターで、110円で購入。

ThinkPad X230 ゴム足の簡易補修が完了

Lenovo X230 ゴム足の補修(簡易修理)その1 画像3

スポンジシートは少し柔らかいので、キーボードの入力(タイピング)のときは、やや不安定でした。

5mm厚なので、元の状態から少し高くなります。

入力の際にパームレストに手を置くと軽く沈むので、気になるところでもあります。

おわりに

今回は、ThinkPad X230 ゴム足の簡易補修を試みましたが、スポンジシートが思っていたよりも柔らかいので、応急処置の位置づけになりました。

次回は、別の素材で補修してみます。

EC1400-41R へ Xubuntu 18.04 LTS をインストール

2018年7月22日 MEMO 0

久しぶりにUbuntuをインストールしてみた、@ひかげです。

ノートパソコンのスペックも低いので、軽量Linuxを候補に「Xubuntu 18.04 LTS」をチョイスしました。

8年前のGateway EC1400をSSDに換装して、クリーンインストールです。

Gateway EC1400-41Rデビューの巻

EC1400は、メモリの増設(Max 8GBまで可能らしい)・SSD換装もカンタンで、CPUも64bit対応につき「Xubuntu 18.04 LTS」をインストールすれば、そのまま無線LAN・Bluetoothも即使用できました。

EC1400-41R Xubuntu 18.04 LTS インストール後

EC1400-41R Xubuntu 18.04 LTS インストール後

インストール後は、日本語の設定・時刻表示を少しカスタマイズして、「Pinta」「Midori」などの軽量なアプリを導入。

使用目的は、メール・ブラウジング・ちょっとした表計算・ブログ投稿なので、割とサクサクした動きです。

おわりに

特にパソコンの買い替え予定はなく、Windows 7 のサポート終了は「2020年1月14日」なので、手持ちのパソコンでLinuxの導入実験をしてみました。

ps.EC1400-41R Xubuntu 18.04 LTSから投稿

WordPress 4.9.1 ディスカッションの初期設定

2018年1月11日 MEMO 0

自作テーマで「comments.php」の様々な表示確認をしていたときにディスカッションの初期設定をすぐに忘れてしまう、@ひかげです。

WordPressの自作テーマを作成するときに、ディスカッションの設定を変更した場合に忘れるので、覚書メモ。

WordPress 4.9.1 ディスカッションの初期設定(画像)

WordPress 4.9.1 インストール後の「設定」「ディスカッション」のデフォルト。

WordPress 4.9.1 ディスカッション 初期設定 画像1

WordPress 4.9.1 ディスカッション 初期設定 画像2

WordPress 4.9.1 ディスカッション 初期設定 画像3

WordPress 4.9.1 ディスカッション 初期設定 画像4

おわりに

WordPressのコメントに関するディスカッションの設定は、「入れ子」と「分割」の設定で表示方法が変わるため、初期設定をメモしておきます。

CSSフレームワーク リンク集 ひかげまとめ 2017-12-11

2017年12月11日 MEMO 0

CSSフレームワーク リンク集 ひかげまとめ 2017-12-11

いまさらですが、CSSフレームワークの便利さが分かってきた、@ひかげです。

世の中には色々なCSSフレームワークがあります。

自分用のメモとして、CSSフレームワークのリンクをまとめてみました。

CSSフレームワークのリンク

各リンク先は、別窓で開きます。

44種類のCSSフレームワークで、グリッドだけのものもあります。

おわりに

投稿時点ではリンク先を確認していますが、予期せぬリンク切れの際はごめんなさい。

ひかげ的 iPad Air2 活用術 MNVR2J/A 32GB

2017年3月26日 MEMO 0

ひかげ的 iPad Air2 活用術 MNVR2J/A 32GB 画像1

最近は、docomo版 iPad Air2 Wi-Fi+Cellularモデル 32GB ゴールド (MNVR2J/A)に、IIJmioの格安SIMで運用している@ひかげです。

iPad Air2 仕事で使うためには、iPad Air2 活用法、iPad Air2 活用術、iPad Air2 仕事活用、iPad Air2 ビジネス活用、iPad Air2 仕事術など、iPad Air2を使いこなすテクニックや知識が必要になってきます。

ひかげのiPad歴

過去の記事で探してみると、2011年5月ごろからiPadを使っているので、iPad歴は約6年くらいです。

iPad2 Wi-Fiモデル(MC770J)2011.5/13
iPad2 MC770J wifiモデル 買いました

iPad2 Wi-Fi+3Gモデル(MC744J)2011.6/11
iPad2のワーク仕様のアプリ

少し前までは、メールを中心で使っていました。

いままでに購入して使ってきたiPadは、iPad2(Wi-Fi、セルラー)、iPad3(セルラー)、iPad4th(セルラー)、iPad mini(Wi-Fi)、iPad mini2(セルラー)です。

ひかげ的 iPad Air2 活用術 アプリ

直感的に使いやすく、必要最低限の機能と目的を達成するための活用術として、9つのアプリをインストールしています。

ひかげ的 iPad Air2 活用術 MNVR2J/A 32GB 画像2

  • Clipboard Manager and History
  • バッチリサイズ2
  • PicFrame
  • Textwell
  • Annotable — 究極の画像注釈アプリ(全ての色)
  • iPad向け電卓Pro – 標準・科学電卓
  • 7notes SP
  • Bamboo Paper – ノート
  • SideBooks

ほぼ有料アプリで、おおむね2400円ほどです。

連携用に、Evernote、Dropbox、Google ドライブもとりあえずインストールしています。

ひかげ的 iPad Air2 活用術 アイテム

カメラで撮影した画像へ手書きの注釈を書いたり・手書きアプリなどで使うスタイラスペンと、長文のテキスト入力やコピペが多い時に使うBluetoothキーボードもiPad Air2 活用術には便利なアイテムです。

ひかげ的 iPad Air2 活用術 MNVR2J/A 32GB 画像3

  • スタイラスペン(導電性繊維タイプ)
  • Bluetoothキーボード(バッファロー iBUFFALO BSKBB24BK)

最後に

アプリも多種多様で、たくさんのアプリを試用してきましたが、相手に伝えやすいツールとして、直感的に素早く自分が使いやすいアプリをチョイスしてみました。

みなさんも、良きiPad Air2 活用術を!

ひかげすたいる 2017

2017年1月2日 MEMO 0

明けまして、おめでとうございます。

ひかげスタイルの@ひかげです。

投稿頻度も激減していますが、2017年度のブログはじめです。

2017-0102-01

2017年は、干支がトリ(酉)です。

例年以上にマイペースで今年1年を振り返ってみたいと思います。

WordPressユーザーのみなさま、Macユーザーのみなさま、xreaユーザーのみなさま、ひかげユーザーのみなさま、本年も「ひかげstyle」をよろしくお願いいたします。

悲報 Magic Trackpad 液漏れ

2016年8月16日 MEMO 0

2013年1月ごろに購入していた Magic Trackpad(マジックトラックパッド)が液漏れで不能にしてしまった@ひかげです。

実際の使用時間は、20時間未満でした。

Magic Trackpadを久しぶりに使ってみようと、取り出してみたところ背面にシミがあるなぁ…くらいに感じた次第です。

電源も入らないので、電池の交換を試みましたが、液漏れでフタが固着して廻すことすらできませんでした。

Magic Trackpad 液漏れ 画像集

パッと見た感じはキレイなトラックパッドなんですが。。。

Magic Trackpad 液漏れ 画像1

シミがわかります。

Magic Trackpad 液漏れ 画像2

電池の入っている付近にシミが見えます。

Magic Trackpad 液漏れ 画像3

分かりにくいかもですが、フタの周辺にザラツキがあります。

Magic Trackpad 液漏れ 画像4

液漏れによる変色でしょうか?

Magic Trackpad 液漏れ 画像5

電源オンオフ側は、ノーダメージです。

Magic Trackpad 液漏れ 画像6

万力とコインを使って、マジック トラックパッドのネジのフタを廻すことにチャレンジしましたが、トラックパッド本体部が少し曲がる感じがしたので止めました。

使用時間が少なかったのですが、おそらく使用できないので残念でなりません。

おわりに

しばらく使わない機器は、液漏れ防止のため、電池を取り外しておかないとダメージが大きいです。

関連ページ

iPadとEye-Fi Mobi 8GBとIXY32Sと動画転送

2014年4月23日 MEMO 0

IXY32Sで動画撮影後に、Eye-Fi Mobi 8GBを使って、iPad mini Retinaディスプレイモデルへフルハイビジョン動画(1920×1080)を転送するとエラーが出たので、それとなく調べてみた@ひかげです。

iPadとEye-Fi Mobi 8GBとIXY32Sと動画転送

解決方法は、IXY32Sでフルハイビジョンではなく、「ハイビジョン(1280×720)の録画」をすることでした。

IXY32Sで「FUNK設定」から、動画の画質を「1280」にすると、ハイビジョンの録画設定になります。

IXY32Sは、フルハイビジョンやハイビジョンの場合、長時間の動画撮影ができず、約10分で強制的に記録停止されます。

おわりに

デジイチに多い3:2比率が標準仕様だったので、いきおいで衝動買いしていたIXY32Sです。

無事に、IXY32Sからハイビジョン動画をEye-Fi Mobi 8GB経由で、iPad mini(Retinaディスプレイモデル)に取り込みできました。

iPadのiMovieアプリで編集もできるようになり、IXY32Sの高画素数(約1210万画素)とF値2.0を活かした動画作成が楽しくなりそうです。

おまけですが、前回に購入しているIXY30Sは、録画の最高設定が[ハイビジョン]1280×720なので、そのまま転送できる使いやすいデジカメでした。

@ひかげ

WordPressカスタマイズ向け自作テーマ kunai

ひかげの自作テーマ1

ひかげStyle